太らない意識を育てる「計るだけダイエット」と「レコーディングダイエット」

私は食べることが大好きで、根性もなく怠惰な性格なので本当にダイエットに向いていないと思っていました。

がしかし、こんな私でも10キロ痩せることに成功したダイエット法をご紹介したいと思います。

それは「計るだけダイエット」+「レコーディングダイエット」です。

この2つのダイエット、随分と過去に話題となったダイエットで最近ではあまり聞きませんよね。

ネットで見ても効果は?って感じのダイエット法です。

じゃ、なんで私がこれで痩せたのかというと、それはやっぱり自制力を養うためのダイエットなんじゃないかと思うのです。

私が太った原因のひとつに1年間体重計に乗らなかった、というのがあります。

その1年の間にがっつり激太りしたんです。

以前テレビで武豊騎手が、女性に太らない方法をよく聞かれその時に必ずこうアドバイスすると言っていました。

「毎日体重を計ってそれを書いた紙を目に付く所に貼っておくこと」。

騎手という仕事柄とはいえ、50歳にしてあの体型の武豊騎手がそう言うんです。

これは何も根拠のないことではなくて、なんでも競馬学校時代にまずこれを習慣付けることを叩き込まれるそうです。

体重によって食べる食事量をコントロールし、一定の体重をキープするという騎手には必要不可欠なプロ意識なわけです。

やはり体重を把握していないということは激太りのリスクを非常に高めてしまうということですね。

そこで私は早速最新型の体重計を購入し、毎日体重を計ることにしました。

そうなると毎日毎日嫌でも自分の体重というものに対峙しなければなりません。

すると意外にもドカ食いが減り、食事量をコントロールしようという意識のようなものが芽生えてきたのです。

体重計には毎朝・晩の1日2回、時間、服装などほぼ同じ条件で行います。

それでないと正確な体重が計れないので。

そしてそれを紙に書き込み冷蔵庫に貼りました。

これは間食抑止にかなり効果を発揮しましたね。

何か食べようとした時に、自分の体重を目の当たりにするんですから。

レコーディングダイエットの方は、正直かなりざっくりでした。

ノートにその日食べたもの、自分の行動などを書き込むんです。

例えば、何のパスタを食べた、サラダはこういったものが入っていた、友人と飲みにいって夜何時頃まで飲食した、みたいな内容です。

これは食べ過ぎたからって都合が悪いってものではありません。

その内容と体重の変動で自分が何を食べたら太りやすいのか、またはどんな行動をしたら体重が増えるのか減りやすいのかなどがわかるので対策になるんです。

私の場合はケチャップを摂取すると太りやすい傾向があるとわかりました。

あと運動は苦手なので基本的にはしないのですが、やっぱり歩くと痩せることがわかかりました。

なので、その後はドレッシングや調味料などに気をつけるようにしてよく歩くように心掛けました。

たったこれだけでも3ヵ月後くらいには5キロ痩せていました。

自分でもびっくりですが、やはり体重を把握していると食事や行動が自然と変わってくるんですよ。

いちばん痩せた理由はもちろん食事制限と適度な運動ということになるので、この「計るだけ」と「レコーディング」の2つのダイエットが直接的に痩せる要因ではないのは確かなのですが、痩せる行動を意識させるという点では結構優れたダイエット法だと思っています。
あとは着圧で完璧かな♪