子ども成長記録(娘の場合)

私は、娘と息子の2児の母親です。

今回は、娘の成長について書きたいと思います。

そもそも、切迫早産で予定日より2ヶ月も早く埋めれた娘。

娘は、約1500グラムで産まれました。

幸いにも大きな病気などなく、生まれてすぐはNICU(新生児集中治療室)に連れていかれましたが、2週間でGCU(継続保育室)へ行くも、

2ヶ月ほどの入院で退院しました。

セノッピーの3ヶ月間の効果を暴露!効果なしの口コミ・評判は嘘?

私は、「小さく産まれたんだから、多少の成長発達は遅いかもしれない」そう思っていましたが・・・。

娘は、小さく産まれた割にはたくさんミルクを飲んで、すくすくと大きくなり、

気づくと乳児発達曲線の平均を超えて、むしろ、体重は曲線ギリギリのところまで大きく成長しました。

(毎回、健診や診察の度に驚かれるほどに・・・。(笑))

2歳までは、発達健診という名目で定期的に病院へ通っていましたが、

担当医にも、「ここまで、大きくなったし大きな病気や障害もないからもう大丈夫」と言われるほどに。

そのときに私はやっと心のモヤモヤがとれた気がしました。

というのも、よく義母、義祖母に「もう〇ヶ月なのにアレ出来ない、コレできない」と言われ、

いくら大きく成長したとはいえ、2歳までは一応修正月齢で成長具合をみていたので、

「月年齢だと本当ならこの子はこういことできるはずなのに・・・。」

など常に考えていたからです。

そんな娘もさらに大きくなり、先日は「年中さんぐらいの大きさあるね」と言われました。

小さく産まれて不安なお母さんはたくさんいてると思います。

けど、子どもはいずれ成長します。

今は不安かもしれませんが、その時まで今を見守ってください。