30代後半の女性でも恋愛は出来る、コツは12歳以上年上狙い。自称独身、既婚者に騙されないための3つのポイント

30代後半の女性でも恋愛を楽しんでいる人がいます。決して美人でもなく可愛くもなく普通の容姿の女性達が恋愛を楽しむコツ…。それは思いきってアラフィフ世代を狙うことです。アラフィフで独身の男性なんてとんでもない!と警戒する前に自分自身の身の上を振り返ってみましょう。アラサーではなくアラフォーに片足突っ込んでいるのが30代後半の女性です。世間で話題になっている年下彼氏をゲット出来るのは、30代後半でも美しい容姿と抜群のスタイルと安定した経済力を持っている女性だけです。同世代の彼氏を探すことすら砂漠で水を掘り当てるほど難しくなっていきます。

そこで、思いきって年上に目を向けてみましょう。結婚願望がないのなら相手の年齢は気にしても無駄です。かまり年上と結婚すると親の介護問題のリスクがありますが、恋愛ならば一定の距離が置けます。

アラフィフ世代はバブル逃げ切り世代なので、遊びを色々と知っていて面白いですよ。話を合わせる苦労はありますが、12歳、一回り下だと男性も張り切るのか話を合わせてくれます。ただし、20代の女性のような扱いは受けられないのでそこは覚悟しましょう。

そして、彼が既婚者なのに独身と偽っていないか早めに見極めることが肝心です。偽独身を見抜く方法です。

※職場の人や彼の友人を紹介してもらう

※彼の出身地や地元に遊びにいく

※彼が一人暮らしなら部屋に泊まりにいく

などの方法があります。単身赴任を隠しているならそれなりの痕跡が残っているはずです。どう見ても女物の生活用品があったら奥さんがたまに赴任先に来ているか、独身でも他に遊んでる女の子がいそうです。

彼が実家暮らしの場合はよほどのことがない限り、既婚者だったというオチはないと思います。しかし、奥さんと別居中だったり離婚調停中だとややこしい場合もあります。彼の両親や兄弟は隠したがりますので、宛てになりません。
ボルダリングに出会いはある?クライマーの彼氏が欲しい女性は必見!

とにもかくにも、一度は「まさか結婚してたりしないよね?」と冗談っぽくメールやLINEで聞いておいて返事を記録しましょう。電話だったら録音、メールやLINEはスクリーンショットで保存しましょう。万が一既婚者だったことを隠されたときに自分は騙された側だと明確に分かるように保険をかけておきましょう。そこで結婚してるんだ実はと言われたり、既婚者なのを隠されていたことが判明したらすぐに撤退しましょう。慰謝料などの請求で200~300万程度のお金が吹き飛ぶリスクを考えたら既婚者との恋愛にメリットはありません。

私が意外とオススメなのがバツイチの五十代前半の男性です。恋愛には積極的でも結婚には及び腰なので程よく距離が取れます。再婚を考えている人とはフィーリングが合いづらいので、あくまで恋愛を楽しめるタイプのバツイチの人が良かったです。

また、アラフィフ独身男性で結婚願望がないタイプを探すと結構上手くいきます。20代女性ならなんとしてでも結婚したいけど30代後半女性は付き合うだけでいいやと男性側も思っているので気楽です。

結婚を考えない出会いなら意外とネットやSNS、趣味のサークルなどで簡単に見つかりますが、結婚したい場合はネットではない昔ながらの結婚相談所などに登録しないと難しい年代てす。

そもそも30代も後半に入ると結婚してライフスタイルを変えたり相手に合わせて職場を変えることが難しくなってくる年になります。今さら人と暮らすのも正直億劫で、たまにデートしたいというのが本音ではないでしょうか。仕事は現状維持したまま、気楽に恋愛を楽しむことが心に余裕を持つことに繋がると思います。

同じように気楽に恋愛を楽しみたい人を見つけるのには、自然の出会いを待っていてもダメです。趣味、イベント、ネット、SNS色々なツールを使って積極的に出会いを探しに行きましょう。友達から入って気が合いそうな人にガツガツしない程度にアプローチしてみると、意外とあっさり見つかります。

友達探しのついでに彼氏が出来たらいいなという余裕が大切です。恋愛は出来たらすればいい、でも出会いを求める手段は積極的に探して使う姿勢が良縁をもたらします。